滝澤大徳 / ツリーイング Chief Instructor
経歴
 1967年上磯町(現 北斗市)生まれの道産子。学生時代に全道をワンデリングするが、1989年何故か足を踏み入れられなかった知床・斜里町に縁あって仕事をえる。

 
2003年、思うところあり知床山考舎を設立、知床を中心に北海道の山々のガイドをはじめる。

 
2004年、DRTのシステムに興味をもち参加したところ、子供の頃に庭のクリの木で遊んでいたことを思い出して、純粋にのめり込み、現在にいたる。

・北海道・道東ブロック事務局
・道東ツリーイングクラブ事務局長
資格 ・北海道アウトドアガイド 山岳ガイド(夏山・冬山)
・日本山岳ガイド協会 登山・山地ガイド
・(財)日本体育協会 山岳上級指導員
・レスキュー3 テクニカルロープレスキューテクニシャン
ツリーイングへの想い
 主なフィールドは斜里平野。知床半島の付け根にあたる斜里平野は縄文の古より豊かな自然に恵まれ人々が生活してきた土地であり、森や木々も暮らしと産業の中にある。格子状の畑を区切る防風林や斜里岳山麓の森は今の斜里平野に暮らす人々の原風景といえる。
 そんな景色に溶け込み、新たに描きくわえられるようにツリーイングし
ていきたい。